2012年05月16日

不眠症と睡眠障害との関係性とは?





不眠症と睡眠障害って違うの?

と思った人も少なくないのではないでしょうか?

不眠症は睡眠障害の中の一つであるというのが正しい答えです。

不眠症(眠れないだけではなく、何度も目が覚めてしまったり、熟睡できないといった症状も含まれます)とは、ベッドに入ったとしても長時間寝付けない、深夜に繭り返し目が覚めてしまう、眠りが浅くて熟睡出来ない、早朝に目が覚めて寝付けなくなるなど、眠れない症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)を指した言葉です。

これに対して、睡眠障害(睡眠障害国際分類では、睡眠畭常、睡眠時随伴症、内科・精神科的睡眠障害、その他の四つに分類されています)とは不眠症(症状が軽いうちに、何らかの対策をとり、早めに改善すべきでしょう)を含めて、睡眠に関連しているさまざまな障害や病気のことを指しています。

つまり、睡眠障害の中には、不眠症以外にも様々な症状があるということですね。

では、どんな症状があるのでしょう?

・不眠症(長く続くと様々な不調が現れますから、なるべく早く病院を受診してください)

上記に示したような様々なタイプの眠れない症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)。

・過眠症

一旦眠りにつくと、なかなか目をさますことができない症状で、日中に睡魔が襲うことが多いと言われています。

代表的なものとしては、十分な睡眠(体や脳の休息)が得られず、頭痛や記憶力の低下など様々な肉体的症状が現れる睡眠時無呼吸症候群。

昼間、突然強い睡魔に襲われ、場合によっては本当に入眠してしまうナルコレプシーという症状は、その原因が分かっていません。

・睡眠・覚醒リズムの乱れ

1日24時間の睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)・覚醒リズムが、海外旅行の時差や夜勤、夜更かしなどで乱れてしまう症状。

・睡眠時異常行動

不眠症(日本人の四人に一人にみられるのだとか)とは別に「不眠」と呼ばれることもあり、主な症状は睡眠時に悪夢で目覚める、眠ったまま徘徊する夢遊病、目覚めているのに身体が動かせないと感じる金縛り、歯ぎしり、いびき、寝言などがあります。











<PR>
話題のダイエットで理想の体型を目指す!
自宅で出来る簡単バストアップ方法!
posted by ひなba3k at 14:47| 不眠症を改善させるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不眠症に効くツボって?





不眠症には様々な原因が考えられますが、その中に血液の循環が悪く、体の冷えから寝つきが悪くなったり、体全体が緊張状態にあるのでに眠れなかったりするような場合もあります。

このような不眠症(症状が軽いうちに、何らかの対策をとり、早めに改善すべきでしょう)の対策に効果的なのが、足ツボマッサージ(フランスで生まれたといわれていますが、バリやハワイのものも人気ですし、韓国やタイのものもあります)です。

お風呂上りに足のツボをマッサージ(スポーツや運動の前後には、筋肉の緊張や疲れを解す目的で行われます)することで、体が芯から温まり、リラックス効果も期待出来るでしょう。

ツボの箇所は、かかとの真ん中に、「失眠」という不眠症(症状が軽いうちに、何らかの対策をとり、早めに改善すべきでしょう)によく効く箇所がありますので、ここを親指の腹で気持ちいいと思うくらいの強さでゆっくりと押したり、軽く叩いたりしましょう。

また、両足の親指にある頭(脳)のツボを強めに指で押してマッサージするのも効果的でしょう。

足の裏だけをマッサージすると、乳酸や尿酸が足の裏から逃げずに戻ってきてしまうので、最後には足から太ももの辺りまで両手で10回ぐらい揉むようにします。

この際に、お気に入りのアロマオイルを利用すると、アロマの香りにより、リラックス(人それぞれリラックス方法は畭なりますが、お風呂に入る、マッサージされる、深呼吸をするなどが比較的代表的かもしれません)してストレスを和らげ、寝つきをよくする効果がありますので、利用してみるといいですね。

足の他にも不眠症に効くツボとして、うなじの中央の窪み辺りにある「天柱」、頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)の頂上に位置する「百会」、手首(時には回したりしてストレッチしてあげるといいでしょう)の内側で小指に沿った辺りにある「神門」、その指幅3本分上にある「霊道」等があるでしょう。

ツボマッサージを行う際の注意こととして、お酒を飲んでいる場合や妊娠中ともなると避けるようにしてください。




posted by ひなba3k at 14:47| 不眠症を改善させるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精神療法で不眠症を解消できる?





不眠症の治療方法としては、睡眠薬(芥川龍之介や金子みすゞはカルモチンで自殺したといわれています)の処方が主流となっていますが、最近では、精神療法が不眠症(眠れないだけでなく、色々な症状があります)の解消に役立つと考えられてきています。

精神療法とは、あなたがかかえている社会生活を営んでいく上での様々なストレスや悩みを、専門医(より高度な知識と技術を兼ね備えているでしょう)とのコミュニケーションやカウンセリングを通して、徐々に取り除いていこうという不眠症治療法です。

このように、心理的に働きかけを行うことで、自分の行動や考え方に変化が起こり、生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)環境の改善や人間関連の改善など、悩みや問題の解決を積極的に試みるようになっていきます。

そうして、不眠の原因となりいたストレスや悩みを元から改善することが出来るのです。

また、「絶対に眠らないと大変なことになる」、「一日の睡眠時間は最低8時間必要だ」などと強く思ってしまうために、逆に眠れなくなってしまうような不眠症の方もいます。

このような症状が表れる人は、真面目で神経質(細かいことを気にする価値観を他人にも押し付ける場合に使われることが多いようです)な人が多く、治療の方法としては、このような考え方は正しくはないということを理解することから始めます。

例えば、睡眠中のポリグラフ検査などで、あなたの入眠までの時間や覚醒回数を検査します。

そして、あなたの睡眠の状態が通常の人となんら変わりないことが検査結果で証明されると、安心感を得られて不眠が解消されていくのです。

こういうご自身の考え方やメンタル面の改善を図る精神療法は、身体的な原因で不眠症になっている訳ではなくて、心の問題で不眠症(入眠障害をイメージする方が多いかもしれません)になっている場合に有効な治療法と言われているんですね。











<PR>
韓国語をマスターするには?韓国語を覚える方法!
トイックの勉強法!トイックで点数を上げる為に!
posted by ひなba3k at 14:47| 不眠症を改善させるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。